いのちに聴く

ヨガ=ポーズ

身体の柔らかい人、若い人、健康な人がするもの

 

という誤解を多くの方がしているのではないでしょうか

 

ヨガのポーズはヨガのほんの一部です

 

いのちに聴かずに食べ、動き、生活するから

どこかを痛めてしまっている

 

「いのちに聴く」を日常生活のそこかしこに入れると

痛めにくい体や心を養えるのです

 

皆さん、教室に来れれた時より

心も体も、ずっと元気に身体が軽くなって

帰られます

 

それはその方がいのちに聴けたから

 

それは決して難しいことではないのです

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です